メガネ通販の眼鏡市場オンラインショップ MEGANEICHIBA ONLINE SHOP

TOP  >  お手入れ方法
  • FREE FiT
  • ZEROGRA
  • 眼鏡市場

お手入れ方法

ベストコンディションのために

どんなにフィットする眼鏡を選んでも、メンテナンスを怠るとせっかくのデザインや視認性が台無し。
特にレンズはデリケートですから、毎日のお手入れが大切です。長持ちさせるためにも是非毎日実行してください。


ご自宅で眼鏡をお手入れする場合

眼鏡というのは、顔に掛けており、日々使うモノで意外と汚れがついてしまいます。
特に埃・花粉・皮脂・化粧品などの汚れが目立ちますが、こまめに正しくお手入れすることで快適にメガネをご使用して頂くことができますし、レンズを綺麗していますと視界も常にクリアな状態が保てますので、ストレスない視生活を送ることができます。


1.
レンズを拭く前にまずは埃や花粉などを必ず水道水などで軽く流し落としてください。
乾拭きをしますと、目には見えませんが、細かなキズがレンズについている恐れがあります。
!
ちなみにお湯はNGです。
レンズの表面には反射防止のコートなど様々な被膜がついておりその被にダメージを与えてしまいます。
図のように洗面器に水をためてもOKです。
図のように洗面器に水をためてもOKです。
2.
レンズについた脂汚れや化粧汚れがある場合は水道水だけでは汚れが落ちにくいので台所用の中性洗剤をレンズ片面に1滴程度落として頂き、指で軽くこすり洗いをして頂き、再び水道水で洗剤が落ち切るまで流してください。
フレームの細かな部分についている汚れや汗もこれで綺麗になりますので、全体に綺麗になります。
!
アルカリ性・弱アルカリ性の洗剤はNGです。
反射防止などの被膜コートが剥離してしまう可能性があります。
ちなみにレンズの反射コート等の剥離やキズなどはクリーニングしても落ちません。
ひどい傷のレンズは見にくいだけでなく見た目も悪いので交換をおすすめします。


3.
すすぎ終わりましたら、吸水性のある、きれいなタオルやガーゼ、家庭であればティッシュペーパーなどで十分ですので軽く水分を取るくらいの力で取り去ってください。フレームなどもきれいに拭いて、とりきれない汚れが無いかお調べ下さい。
特に顔に接触している鼻当て部分のパッド周辺の汚れというのは、一旦ネジを外したりして掃除をしないと綺麗になりませんし、鼻パッドなどは、皮脂や化粧品の汚れなどが付きやすく、汚れも落ちにくいので定期的に交換をすることをお奨め致します。
眼鏡市場店舗にご来店頂けますと、眼鏡市場オリジナルの鼻パッド(シリコン・ハード共)については無償で交換させて頂いています。 他社ブランドの鼻パッドについては有料となります。






メガネのフレームの場合、ホームセンターにも販売していないような細かなネジを使用していますので眼鏡市場店舗にご来店頂けますと対応させて頂きます。
眼鏡市場店舗へご来店頂けますと、汎用性のネジについては無償で交換対応しています。一部、他社専用の特殊なネジに関しては有料となります。





歯ブラシなどでも汚れはかなり落ちますが、パッドが劣化している場合は交換することをお奨め致します。
4.
これで、充分きれいになっておりますが、最後の仕上げには市販のメガネクリーナーや曇り止めを使うとよりベストになります。
クリーナーには帯電防止(埃が静電気でつかないように)効果やより一層スッキリした仕上げになりますし、メガネが曇らないようにしたい場合には曇り止めをお使いください。

眼鏡市場店舗でお手入れする場合

眼鏡市場店舗にご来店された場合には下記のような超音波洗浄機を使用して洗浄致します。
超音波洗浄機のメリットは、振動子による超音波の振動で、水中に目に見えない小さな気泡が無数に発生します。その気泡のはじける瞬間にでる衝撃波が手に届かない微細な隙間の汚れを粉砕してブラシや水流では落ちない汚れをスッキリ取り除きます。
!
※但し、鼈甲フレームや偏光レンズなどは、水や超音波洗浄器に浸けますと問題が発します。水分の影響によって変質し、使えなくなる場合がありますので、濡れた場合もすぐに拭き取ってください。

※キズやヒビが入ったレンズを超音波洗浄すると、膜がはがれる原因になることがあります。
超音波洗浄機の中には中性洗剤を入れているケースが殆どですので、洗浄後は水で軽くすすぎます。


その後の工程については家庭用とほぼ一緒になり濡れた状態でもOKですのでメガネクリーナーを、レンズ(表裏)に適量吹きかけ指でまんべんなく伸ばしていき、ティッシュ等をふき取ります。
!
※水分が残るとレンズ表面に水染みが残ることも。レンズ面やレンズの溝はしっかりとふき取りましょう。

仕上げは必ず専用メガネふきで・・・

  • 眼鏡専用の眼鏡ふきはミクロの汚れを取り、静電気も防止します。
  • 眼鏡ふきでレンズを挟むようにもち、内側から外側に向かってふくと、より美しく。
  • 曇りが気になる人は、ここで曇り止めを使用してください。